ピティナ・ピアノステップ

受賞者に聞く!継続表彰の軌跡 vol.10

継続表彰の軌跡
Vol.10

継続してピアノを学び、ピティナのステージに続けてチャレンジした方に贈る「継続表彰」
今回は、赤ちゃんの頃から音楽に親しみ、コンクールのリハーサルとしてステップを継続的に活用してきた方のインタビューをご紹介します。

松田 奈々さん 2018年度深谷地区で5回表彰を受賞。

勉強に部活と忙しい中学校生活を過ごしながらも、ピアノに取り組んでいる松田奈々さん。舞台慣れをしたい、という思いからステップに参加し始め、2018年9月9日深谷地区で5回継続表彰を受賞されました。「盛大に表彰していただき、とても嬉しかったです。先生方からのアドバイスを参考にすることで、今まで以上に練習に熱が入るようになりました。」

初めてステップに参加したのは小学6年生のとき。地元の会場でのステップで、ピアノソロだけではなく、チェロと一緒に演奏できるアンサンブル枠もありました。ソロでは学べないことを知りたいと思い、アンサンブルでの参加を決意。実際に様々な音色やハーモニーを味わうことができ、とても貴重な体験ができたようです。その後ステップで学びを積み上げた結果、ある地区でベートーヴェンのソナタを弾いたときに、見知らぬ方から思いがけない誉め言葉をもらいます!「最初は驚きましたが、今までの積み重ねを認めてもらえたような気がして、とても嬉しかったです」と語ってくれました。

将来はピアノの先生になり、コンクールで受賞できるような生徒を育てたいとのこと。目標に向けて、忙しくても勉強の合間や食後など、隙間時間をフル活用して熱心に練習を行っています。今後どのような活躍をされるのか、楽しみですね。

★あなたのピアノ継続の軌跡、教えてください★

継続表彰を受賞された皆様に、ぜひお話を伺いたいと考えています。御協力頂ける方はぜひ、こちらのフォームより「取材協力可能です!」とお知らせください。どんな些細なエピソードでも構いません。お知らせお待ちいたしております!

受賞のお知らせをする!
【広告】
youtube
twitter
LINE友だち追加