ピティナ・ピアノステップ

こんなステージ発見しました!Vol.38

こんなステージ発見しました!

ピティナ会報 ステップ参加者インタビューから Vol.38

あっという間に12月も下旬、2018年も残り10日あまりです!学校は終業式、お勤めの方は仕事納めが近くなり忙しない時期でしょうか。クリスマスに帰省の準備、年賀状とそわそわしてしまいますね。

2018年最後にご紹介するのは、年に何度もステップに参加し、たくさんのステージに挑戦し続ける女の子のお話です。2018年現在では、5歳にして継続30回表彰を受賞しています。

町田 妃奏さん&吉岡 敦子先生(指導会員) 2017年2月4日(日)新名古屋地区に参加

アンサンブルに挑戦して音楽的に成長

2016年、3歳で初めてステップに参加した町田妃奏さん。ステップであればレベルにかかわらず最後まで演奏を聴いてもらえることや、アドバイスがもらえる点に魅力を感じて参加を継続しています。積極的にステージに出続けた結果、今回の新名古屋地区で早くも継続15回表彰を受賞しました。(※2017年取材時)

妃奏さんは、練習や本番を通して発見した課題を克服するためにステップに参加しているそうです。前回参加したときに「お客さんに聴いていただく」という意識が感じられない、淡々とした演奏をしたことが気になったというお母さん。自分以外の音と合わせることで、共演者やお客さんにまで意識を広げて演奏できるようになってほしいと思い、アンサンブル体験のできる地区に参加を決めました。

本番を終えて、生のヴァイオリンの音に刺激を受けた妃奏さんは「またアンサンブルで参加したいです」と次回への意欲を燃やしています。また、お母さんは「一緒に弾くという体験をしたことで音楽の楽しさ、演奏することの意義を感じとってくれたと思います。今後も生涯にわたって学習を続けて、おばあちゃんになっても素敵に演奏できる女性に成長してほしいです」と語ってくれました。

ピティナ会報は会員の皆様に季節ごとにお届けしております。
正会員、指導会員はもちろんのこと、支持会員、学生会員としてご入会いただいた場合でも、ご本人またはご家族(二親等以内)が参加する場合には会員割引(一般料金の2000円引き)が適用されます。
【広告】